トップページ イベント ギャラリー ラ・カンパネラ リンク集 コラボスペースについて


2005年09月
■ 9月8日HCC人間関係体験学習講座を終えて 2005.9.21
ニンカン5期生のひかるこ、こと福原光子です。
6期のガーコ、こと杉山郁子と共に、HCCでの講座bO1、02を9月8日(木)午後、夜、2部行いました。講座としてはHCCはじめての「こけらおとし講座」ということになり、記念すべき機会を与えてくださって、津村先生や奥様ほか関係者のみなさまにお礼申し上げます。
講座では、「出会い」をテーマにしたオリジナル実習を用意て、HCCに集った方々と、わたしたちスタッフも一緒に、出会いのときを関わりながら、学びながら、楽しむことができました。
午後の部の参加者の方は5名。中には子育て中であったり、転勤族であったり、子離れ期であったり、今の状況の自分に気づき、次への自分づくりをしていきたいというニーズをお持ちの方がありました。皆さんが飾らず、率直に気持ちを表明され、お互いにフィードバックしあいながらかかわりを深めていかれる様子が、わたしにはとても新鮮でした。
夜の部参加者は、4名。お仕事帰りの方が多く、それぞれに仕事や活動を通してグループワークに興味をお持ちになった方がお集まりになっていました。個人の気づきだけでなく、ファシリテートの視点からの質問も出て、いろいろな現場でこうした学びをどういかしていくかということもわたしたちスタッフも含めて考え話し合う機会にもなりました。
同じ実習内容を同じ日に二度やったわけですが、集まる人が違い、時間が違えばまったく違った印象の学びになります。「今ここ」は二度とないんだな〜。どの「今ここ」も貴重で大切だな〜としみじみ感じました。HCCに飾ってある「一期一会」という書の言葉をおもわず思いうかべる、私自身が多くの学びをい
ただいた講座となりました。ありがとうございました。

今回の受講生の方々の中には、ニンカン卒業生の方や、私たちグループファシリテーターの会Seedsの活動の中のひとつである南山短期大学コミュニティカレッジ人間関係講座の受講者だった方もいらっしゃって、体験学習をもう少し学んでみたいという希望の方もおありでした。自主勉強会の形式で、ラボラトリー体験学習を定期的に受講したり、時には企画したり、サークル活動のスタッフやリーダー育成のための勉強会などを開いてみたいなど、そんなニーズにもわたしたちがお手伝いしてお応えしていくことも可能だろうと考えています。ニンカンで学んだこと体験学習を、自分のまわりで少し広げてみたい、活かしてみたいという方、HCCにアクセスしてみてください。
                               【5期ひかるこ 福原光子】
copyright (c) 2005 Human Collaboration Center